業界の外から判断されがちなこと

世の中で3Kと言われている仕事は、多くの人から敬遠されてしまうものです。きつい・汚い・危険という誰もが好まない条件を取り揃えている仕事であることから、やらないで済むに越したことはないと考えてしまうでしょう。しかし、こういった仕事をしてくれる人がいるからこそ、社会が成立していることも認識しなければなりません。仕事を通じて社会貢献をしていくという考え方からすれば、むしろ3Kと言われるような業界に率先して入っていくという考え方も悪くはないものです。特に注意しておくべきことは、きつい・汚い・危険ということについて客観的な見地から評価されているのではなく、業界の外から主観を交えて評価されていることも多いということです。女性が働く現場でしばしば3Kと言われる職業として、看護師があります。病院で働く看護師は、早朝から夜遅くまで連日働き夜勤もするということからきついと感じる人が多いのは事実でしょう。病気をもった患者と接することから危険を伴い、入院患者の排泄物の処理をする場合もあることから汚いというイメージも持たれることがあります。しかし、きつさに関しては看護師として働きたい気持ちがそれに勝っていれば、むしろたくさん働けることが嬉しく思えてくるでしょう。労働条件を緩和して、採用する傾向も高まっています。一方、汚さや危険については医療用の防護具の発展によって負担が低減されています。そういったことがわかっているからこそ看護師として働く人が多いのであり、必ずしも世の中での認識が実際に働いている人の認識と一致はしないのです。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です